プラセンタとは何?


ラエンネックはプラセンタ

青液イメージ

ラエンネックってなんだろう?の記事にも出てきましたプラセンタとは何か
気になりますよね。

プラセンタの種類は様々でまず動物性と植物性の2種類に分けられます。

動物性プラセンタにはラエンネックやメルスモンなどのヒトプラセンタや豚から抽出された豚プラセンタ、馬プラセンタ、などあります。

それと植物プラセンタがあり、それぞれプラセンタという事は同じなのですが、成分ががひとつひとつ違います。それを今から説明したいと思います。さまざまなプラセンタの種類については、左のリンク先のページにてご紹介されておりますが、本サイトでは有名な以下のプラセンタについてご紹介していきます。


豚プラセンタ

まず動物性プラセンタの一つでもあります、豚プラセンタについて説明致します。

豚プラセンタが主流になる以前はヒトや牛のプラセンタが多く使用されていたみたいです。
ですがさまざまな問題からヒトプラセタの使用制限などの問題が起こりました。そこで突如現れたのが豚プラセンタなのです。

現在では市販されている商品のほとんどが豚プラセンタを使用しています。
しかし豚は病気になりやすい環境で育っている為、さまざまなワクチンを使用しているという可能性があります。

うーん豚プラセンタは大丈夫かな?とそこで疑問が生じるのは普通ですよね。

そこでその疑問を解消してくれるのが、SPF豚なのです。

SPF豚とは病気に感染しにくい徹底した環境の下で飼育されているので、抗生物質を一切使用していない健康な豚です。
今ある豚プラセンタのほとんどはこのSPF豚が使用されています。

このように徹底的に管理されている豚なら安心して取り入れてる事が出来ますね。

馬プラセンタ





馬は豚に比べて出産回数が少なく1年に一度しか生まないので成分が濃く、なんと豚プラセンタの250倍ものアミノ酸を含んでいます。しかも6種類も豚プラセンタよりも有効成分が多いのですから注目されないわけないですよね。

クレオパトラやマリーアントワネットなど歴史上の美女も馬プラセンタを使用していたみたいです。

馬プラセンタの多くはサラブレッドの胎盤を使用していて、その胎盤は分厚く洗っても成分が多く残るみたいです。 サラブレットと言うだけでとても効きそうな感じがしますよね。

安全性の問題は大丈夫?と思いがちですが、馬はデリケートで環境面については徹底的に管理しなくてはなりません。
狂牛病などの病気に強い動物で、しかもアレルギーになりにくいといった特性があります。なので安全面の方は安心して貰えるとおもいます。


植物プラセンタ

ん?植物に胎盤?って思う方もいますでしょうが、実は植物の胎盤にあたる胎座が植物プラセンタとして使用されます。

植物から抽出する事になったのには訳がありまして、BSE問題によって動物性プラセンタの安全性に疑問が生じ、
厚生労働省によって制限されてしまいました。

そこで安全面に優れている植物プラセンタが注目されるようになりました。

ですが安全面では優れていますが効果は動物性プラセンタの方が高いのです。ですが私的には植物性も動物性もどちらも安全だと思いますので、効果が高い動物性プラセンタの方がおすすめですね。



プラセンタ注射剤「ラエンネック」ど同様の抽出技術で開発したラエンネックメーカーのサプリメントもあります。



CopyrightAll ラエンネック紹介サイト Rights Reserved.